コピーライターnagatouch公式ブログ『ああチヤホヤされたい』

重度の人見知りだったライターが、営業しないでどうやって4年生きてきたのか?

まずは1円から。

んにちは、ながたです。

f:id:nagatouch1217:20150715183108j:plain

 

最近ライター志望の学生と
お話しする機会が多くありまして、

今回もその中で出た話を
共有したいと思います。


「0から始めるために?」


というテーマです。

 

スキルもない、
お金もない、
人脈もない、

という条件で、

ライターとしての活動を
始めていくにあたり、


『どこから手をつけたらいいかわからない!』


という声が多数あるのです。

 

結構このはじめの一歩を
一向に踏み出せないでいる

くすぶり人間は
多いと思います。

 

やることが明確になれば
今まで10トンくらいあったのでは
と思われるほどの

重たい腰を持ち上げることに
成功します。

 

やろうやろうと思って
結局やらない

やるやる詐欺
せずに済みます。

 

今回の話は
リスクはほとんどないに等しいので

やらない理由がないです。

 

なのでこれを読んだら

すぐに実践に移してほしいです。

 

主婦でも、学生でも、おじいちゃんでも、
ゼロから始めていくために、


まず手を出してみてほしいのが、

 

クラウドソーシング』


です。

 

クラウドソーシング』とは
何かというと、

ザックリいうと
ネット上の求人サイトのようなもので、


そこにいろいろ
ライティングの案件が
転がっています。

まずはそこを
攻めて行くことです。

 

クラウドソーシングでは

主婦でもできるような
簡単なブログの記事作成とか、

WEBマガジンのライティング案件とか、
ジャンルも媒体もさまざまです。

 

単価も1記事100円程度の
安価なものから、

30記事5,000円の
そこそこなものまで
多種多様にそろっています。

 

まず最初は安いところから
攻めてみてください。

 

安いということは、
求められるレベルも低いので

依頼者とのズレが生じづらく、
円滑にコトが進みます。


練習だと思って、
安いところから

 

ちみちみと
やっていくことを
オススメします。

 

そのくらいできないと
いざ高い案件が取れたときに
何もできなくなりますから。

 

 

練習しながらお金をもらえる
と解釈すると

 

悪くないはずなので
面倒くさがらずに

 

淡々とこなしてみてください。

 


では、今日は以上です。


最後までお読みいただき、
ありがとうございました。