コピーライターnagatouch公式ブログ『ああチヤホヤされたい』

重度の人見知りだったライターが、営業しないでどうやって4年生きてきたのか?

【常に50の位置にいる】

僕らはつい、力が入ってしまう。

 

f:id:nagatouch1217:20161114003922j:plain

 


「絶対にヒットさせてやるぞ!」とか
「俺の数年に及ぶ苦労の集大成だ!」とか
「失敗したらクビかもしれない。」なんて
 
考えたらググッと
力が入ってしまいます。
 
 
最近ようやくわかってきたんですけど、
全力と緊張って違うんですよね。
 
プレッシャーに弱いタイプの人は
だいたい緊張になっているパターンです。
 
 
全力という言葉が厄介なんです。
 
全ての力
 
なんて書いてしまうから
みんな常に100%力を込めないといけないって
勘違いしてしまうんです。
 
 
スポーツ、特に球技をやったことある人は
わかると思いますが
 
腕や足に常に
力を込めることが
全力ではないですよね?
 
むしろ、
 
試合中の8割くらいは
脱力していた方
大事だったりしますよね。
 
 
『ベストを尽くす』
 
こちらの方が全力です。
 
普段はリラックスして、
大事なタイミングだけギュッと入れる。
 
 
 
休んで良いところは休んで、
いざとなれば集中してやる。
 
これで良いわけです。
 
 
 
ちょっと例えが
若干ズレるかもですが、
 
腕を曲げ伸ばししてみると
わかりやすいと思います。
 
 
まっすぐ伸ばしきったところを
0とします。
 
もう片方の手で押していくと、
どの地点で一番力が入るか
わかってくるはずです。
 
伸び切った0でも、
完全に曲がった100でもありません。
 
 
ちょうど50
90度に曲がった辺りが
一番力が入るはずです。
 
 
 
コピーにしろアイデアにしろ、
基本は脱力が大事です。
 
「うまくやってやろう。」
なんて思わないことです。
 
 
できれば常に
緊張とリラックスの中間
50の位置をイメージする。
 
 
そうすると
イデアも湧きやすいですし
適切な判断や行動も
しやすくなるのではないかな、
と思います。
 
 
・・・とは言うものの、
 
この文章の
力入ってる感ハンパないです笑
 
僕自身が
今一番の課題としているところです。
 
 

精進いたします。
 
 
ながた