コピーライターnagatouch公式ブログ『ああチヤホヤされたい』

重度の人見知りだったライターが、営業しないでどうやって4年生きてきたのか?

うまいライターはヘタクソである。

 

こんにちは、ながたです。

f:id:nagatouch1217:20150716115742j:plain

 


ライターを目指そうとする人は、
おそらく文章が好きだとか、
それなりに得意だとか、
 
そういった感情が
1つの動機になっていると思います。
 
 
それで、
あなたがどんなライターに
なろうとしているのかはわかりませんが、
  
1つだけ、
注意事項を挙げたいと思います。
 
 
 
僕も開始当初は
この”症状”に陥ってましたし、
 
当然そうあるべきだと
考えていましたから、
 
きっとあなたも
その”症状”にやられていると思います。
 
 
 
なので、
今のうちに撃退しておきましょう。
 
 
 
さて、
ライターたるもの、
 
文章はうまく書きたいものです。
 
 
 
「ヘタクソ!」
 
 
なんていわれるよりは
 
「うまい!」と
 
言われたいと思います。
 
 
 
ただ、ここでもう
結論を話してしまいましょう。
 
 
 
僕らライターにとって
重要なことは、
 
『うまく書こうとしないこと』です。
 
 
 
技巧的な文章であったり、
論理性に優れた文章というのは
 
時として
良好な反応を得られないことがあります。
 
 
 
難しい単語とか、カタカナ語とか、
詩的な言い回しとか
そういったもののことですね。
 
うまく、というより
カッコよく書こうとします。
  
 
 
うまく書こうとすると、
書き手にも読み手にも
余計な解釈を与えます。
 
余計な時間がかかり
編集に迷惑をかけます。
 
あとはそもそも
『うまい』の定義さえ
曖昧なジャンルですから、
 
目指すポイントが違うと思っています。
 
  
 
僕らライターの仕事は
 
『複雑なことをシンプルにすること。』
 
だと思っています。
 
 
 
なので
特別な語彙力はいりません。
難解な四字熟語はいりません。
 
ひらがなと、カタカナと、漢字さえ
知っていればOKなんです。
 
 
 
肝に銘じてほしいのは一言。
 


『複雑なことをシンプルに書くこと。』
 
 
 
これさえ押さえておけば大丈夫です。
 
紙にでも書き出しておくといいですよ。
 
 
  
僕は朝起きて最初に見えるあたりに
貼り付けています。
 
 
ぜひ意識してくださいね。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。